卒業生の声

voice 1. 平成13年度卒業生(3期生)

私が八尾高等学院に入学したきっかけは、専門性に期待して入学した工業系の高校で学歴主義的な勉強を強いられ、モチベーション(動機付け)が完全に喪失したため、学力が見る見る下がる一方になり、やがて自分自身や学歴社会への不信感が募るに募った結果いわばノイローゼに近い状態に陥ったためです。
本来、学ぶ意思あるものが集い競い合うことで友情や学力を育むはずの学校なのに、もはや生徒を持ち駒としか認識しない学校側の姿勢に、自分の存在価値を見失うまでに至りました。
家族や家族の友人の繋がりで八尾高等学院を知り、高校3年生として転入しました。
八尾高等学院の良いところは、まず生徒を一個人として扱い、思い思いに自己成長を遂げることができることです。そして先生方は、その成長を見届け、本人に気付かせてくれることです。また、自由という名の不自由も同時に与えられ、自分が動かなければ何も変わらない刹那感を自覚することができます。これにより、社会生活と何ら変わりない自主自立が求められ、プラスの意味での焦燥感を高校生の段階にして自覚することができます。
自分への厳しさやいたわり、人が人として生きるために必要な要素を八尾高等学院は教えてくれたと思います。
卒業後私は、画像編集の専門学校に入学し、自分のあるべき姿や将来の展望を知ることが出来ました。
八尾高等学院時代に“友達”になった生徒や先生方とは、今でも親友としてお付き合いさせて頂いております。戻る場所があるという安心感があり、お互いが良い関係で発展していければと思います。そしてこれからも…。


voice 2. 平成16年度卒業生(6期生)

私は八尾高等学院を卒業し、現在履正社学園コミュニティ・スポーツ専門学校というところで学んでいます。この学校は良い意味で生徒が自由に行動しアクションを起こせる所です。そして個人に合った進路を探してくれるし、探せる所なのです。
現在通っている専門学校も、この学校に来なければ見つからなかったでしょう。私は自分の好きなサッカーを学ぶ道を見つけました。ここは自由と立ち直る機会を与えてくれるとても良い(素晴らしい)学校だと思います。


voice 3. 平成15年度卒業生(5期生)

書いてしまうと何故か絵空事のようですが、本心を持って。
八尾高等学院と聞いて私が思い浮かべるのは、穏やかな授業・明るい先生方・そして無理なく通える授業時間という、いつ来ても穏やかな印象を受ける一角のことです。中でも実際通ってみて、最も利点だと思うのは、“それぞれに見合った学校生活を送れる”というところではないでしょうか。ゆっくりと単位を取ることも基礎学力を固めることも、例えば大学受験を控えた私が専門の授業を受けることも可能です。更に少人数の授業も多いため、言いたいことも聞きたいこともその場で発言できて、言うならばそこかしこからアットホームな雰囲気がにじみ出ているような学校。
私は此処で自分らしく、未だ漠然とした将来をしっかり見据えて、目指す道を一つずつ掴み取っていきたいと思います。


voice 4. 平成15年度卒業生(6期生)

~この学校は、本当の意味でゆとり教育がある~

この学校に来て自分が感じたことは、アットホームである。生徒と先生が十分に話し合いができ、一人ひとり自分に合った方法で学ぶ事ができる。もちろん皆で授業を受けるだけでなく、一人ひとり自分に合ったペースで授業を受ける事もできる。それは今の既存の教育方法(授業内容を削るゆとり教育)ではなく先生が一人ひとりの生徒のことを考え、その人にあった勉強方法を見つけるための話し合いがしっかりできている。本来のゆとり教育がしっかりと出来ていると自分は感じている。この学校に来て、はじめは緊張しどうすれば良いか分からなかったが、先生たちが親身に色々と教えてくれて楽しく授業を受ける事ができるようになった。分からない事だらけだったけど、楽しく教えてもらって楽しく知る事ができた。
最後に、この学校に来て何でも出来るんだと、しっかりとした自信を持つことが出来た。


voice 5. 平成15年度卒業生(6期生)

僕は先生と折り合いがあわなくて前行っていた高校をやめました。そして、親の仕事をやっていましたがやっぱり高校に行きたいという気持ちが強く友達がこの八尾高等学院に行っていて、いろいろな話を聞いて、ここなら続けていけると思い選びました。


voice.6. 平成13年度卒業生(2期生)

私が八尾高等学院に入った理由はこの学校なら当時学力の低かった私でも一から教えてもらえるだろうと思い、両親が見つけてくれたのだと思います。
実際入って感動したのは、ほぼマンツーマンで文字通り一から教えてもらえる事でした。
そして先生方もやさしく根気良く私に教えてくれたので高校を無事卒業でき、今の自分があるのだと正直感謝しています。
今私は、父が経営している会社で八尾高等学院で知り合った同級生の友達と一緒に働いています。学力だけじゃなく生涯の友も見つけることができたので本当にこの学校に行けて良かったと思いました。


voice 7.保護者代表

八尾高等学院にめぐりあって。
ちょうど昨年の事です。急に学校に行けなくなりました。起こしに行くと今まで見たことのない表情で本人自身良心の呵責や、さまざまな常識に向かい悩んでいる様でした。
親自身も自問自答の日々でしたが、半年が過ぎ、まずは週1日のペースでサポートで外へ出る練習!!…と始めたのがよい結果を生みました。
何よりもサポートの先生方が、根気強くある時は、友となり、父となりカウンセリングして頂き、1年前とは比べようもない程楽しく、充実した高校生活を送っています。
あの時、本当にご縁があってよかったと思っています。


voice 8. 平成19年度卒業生(9期生)

自分は元々、違う高校にいたのですが、訳あって一年生の夏に八尾高等学院に転学しました。
初めてここに来た時、こんな所で本当に高校卒業資格が取れるのか疑わしくなる程、楽な印象がありました。
校長先生をはじめ、他の先生達はとても楽しく、勉強をしに来ているというよりは遊びにきている感覚でした。
しかし、今三年生になって受験を目指すようになり、改めて実感したのは勉強がしやすい環境だということです。
午前中は、受験のための授業ができるのですが、先生の親切な指導と来ている生徒が少ないという事で、勉強をマイペースにかつ着実にはかどらせることができます。
今、自分は英検と漢検を取得する勉強をしています。
10月には両方とも2級を取得するつもりです。
そして、できるだけ良い大学に行けたらと思っています。
この学校は自由な分、楽しい事をする時間がたくさんあります。
しかしそれと同様、勉強をする時間もたくさんあります。
この学校は、自分の努力次第でどこまでも実力を伸ばせる、最適の場所だと思います。


voice 9. 平成20年度卒業生(10期生)

私は八尾高等学院に入学した頃は、「先輩達と仲良くなれるかな?勉強についていけるかな??」常に心配ばかりしていました。
でも、時が過ぎるのにつれて、私自身自分に自身を持てるようになり、先輩達とも仲良くなり、勉強も頑張れるようになりました。
今、現在は「英検・数検・歴検」に力を入れて頑張っています。
私は英語も数学も本当に苦手で、絶対検定なんて取れないと思っていました。
だけど、校長先生をはじめ色々な先生達が「あきらめないで、最後まで頑張り!」と声をかけて下さったので、一生懸命頑張れる自分になれました。
本当にこの学校は波乱万丈ですが、とても楽しいので、この学校に入学してよかったと思います。
普通の学校では、体験できない事まで体験できるのでその分また、自分自身成長できて前向きに頑張れるので、また、これからも一生懸命やり遂げていきたいと思います。
先生達・先輩達・そして家族に感謝の気持ちを忘れずに今日からまた頑張っていきたいと思います。


Voice 10. 平成21年度卒業生(11期生)

私は精神的にしんどくなって、中学3年の時は全然登校できなかったけど、この八尾高等学院は、マイペースに勉強ができて、先輩も先生も優しく話しかけてくれるし、「学校=しんどい」の考えがなくなりました。
体育行事でボーリング大会や遊園地に皆で行けて、とても楽しいです。今はとても楽しく学校へ行けて、すごくうれしいです。
八尾高等学院に入学できて、よかったと思います。


Voice 11. 平成21年度卒業生(11期生)

私はこの学校に入学してからの2年間で学んだことは、自ら進んで物事を進めていくという事の大切さです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、それを実行する事の大切さと難しさを、この学校の先生方に教えていただいたように思います。そして実行し、達成した喜びを皆で分かち合えるような学校だとも思っています。
この学校で受ける授業も残すところ1年となりましたが、これからも教えていただいた事を忘れずに、頑張っていきたいです。


Voice 12. 平成21年度卒業生(11期生)

さゆは、1年の10月からこの学校に来た。
最初は全く友達とか作る気なくて、学校にすら来ていなかった。
けど、2年になって校長とかと輪ゴム飛ばししたり
学校の生徒達が話しかけてくれるから、学校が楽しくなって来るようになった☆

時間とか関係なしで来れるし、先生もみんな良い人やから
すぐ仲よくなったし、勉強もわからん所を詳しくおしえてくれるし
良い学校やと思う☆

イジメなんか全くないし、楽やし、ありのままの自分で過ごせるし、
ボウリング大会とか、他の学校やったら味あわれへん事ばっかやし、
この学校に転入してきてよかった!

今年で卒業やけど、悔いなく楽しく過ごしたい☆


Voice 13. 平成22年度卒業生(12期生)

自分はこの学校に来て思ったことは、自由に勉学することです。
マイペースな自分にとっては、この学校はいいと思います。
自分に見合った時間に登校して、勉強は分からない所から勉強できます。
生徒数もそんなに多くないので、人付き合いがちょっと苦手な人にもいいと思います。
勉強を分からない所から自分のペースで勉強したい人、人付き合いがちょっと苦手な人、勉強する時間が見合わない人がこの文章を見て、入学に迷っているなら一度この学校に気軽に足を運んでください。きさくで優しい先生が相談してくださるでしょう。


Voice 14. 平成22年度卒業生(12期生)

ぼくは去年の10月に途中から入りました。
途中からなので、最初は何も分からないし、緊張してたけど、先生は優しいし、ちゃんと教えてくれるんで分かりやすいし、楽しいです。
時間も昼から行けるんで楽です。
数検や漢検も受けれます。ぼくは今年、両方受けます。


Voice 15. 平成23年度卒業生(13期生)

僕は、今年八尾高等学院に入学しました。中学校を卒業してすぐにここへ来ましたが、少人数なので安心して勉強しています。今は、パソコンが少しでも上達できるように、ブラインドタッチの練習を毎日やっています。